利益確定が6月の株主優待の人気銘柄

利益確定が6月という場合、銘柄によって優待回数が年2回の企業と1回の企業があります。年2回の場合は、6月決算の企業と12月決算の企業となります。3月決算が多い中で、決算月を6月にしている企業は、利益が季節的な要因に左右されるなどを理由に、決算月をあえてずらす業種もあります。
6月の株主優待の人気銘柄は、6月決算の小僧寿しがあります。500株以上の保有で優待が受けられます。その他スタジオアリスでは100株以上で写真撮影券を貰えます。このように各社色々な工夫をしています。12月決算で優待回数が年2回のカゴメやコカ・コーラウエスト、日本マクドナルドホールディングスなとがあります。この中には、6月の優待が無い企業もあります。この他にもB-Rサーティワンアイスクリーム、すかいらーく、千趣会、近畿日本ツーリストなどもあります。業種ではなくお米を優待として人気を博している企業もあります。プリペイドカードやお食事券、優待券や割引券などの名目で配られたり、各メーカーの商品の詰め合わせの場合もあります。優待の内容は、保有数で変わったり業績で変更される場合があります。売買単位も個人が買いやすい100株単位の企業が多く見られます。株価が上昇しすぎて高どまりした場合は、分割して個人が買いやすい価格へ戻す企業もあります。優待は、企業が個人株主の定着を期待して行っており、それほど個人株主を意識しているということです。
銘柄選びは、初心者の場合は自分に身近な銘柄から始めていくと良いです。個人株主の中には、一年を通じて配当や優待を受け取れるように銘柄を選んでいる方もおられます。自分の趣味に関連している企業の株主優待や好きな食品など、色々と研究を重ねて株主優待を貰いましょう。