様々な使い方ができる株主優待は東証一部上場株を

ここ数年で株主優待についての認知度は一気に上がりました。株を保有しているだけで企業によっては自分の会社の商品券や商品、また様々な使い方ができるQUOカードなどを送ってもらえます。非常にお得な制度です。商品券などの場合でも特殊な使い方をするものはほとんどありません。お店のレジで現金と同じように渡すだけです。キャッシュバックなどが株主優待となっている場合は特殊な使い方をする必要があります。
株主優待を目的に買うということは、長期保有をすることが前提になります。権利日の直前に買って確定したら売るという方法もありますが、同じような考えの人は多いので権利日の直前は株価が高く直後は株価が安いといった現象が起きます。その売却損が株主優待の金額よりも高ければ損をしたということになります。よほどの自信がない限りは長期保有をしたほうが気分も楽です。長期保有によってもらえる商品券の額が増えるといった企業もあります。
長期保有をするなら、できるだけ将来にわたって株価が下がらない株を買いたいものです。そこでおすすめする基準が東証一部上場の会社の株を買うことです。東証一部上場の株は安定したものが多いですし、倒産の危険性も少ないです。マザーズなどの新興株の市場に比べると大きく値上がりすることはあまりありませんが、逆に大きな損をすることもありません。安定性を求めて東証一部上場の株がおすすめです。さらに、人気の株主優待をしている会社は株価が下がりにくいといったメリットがあります。多くの人が優待のために持ち続けており、株価の上下を利用した売却益を目当てにしている人が少ないからです。長期保有をするならこのような安定した株が向いています。